ゆるい人

この頃思うことは「許せる範囲が広い人で在りたい」ってこと。
人に対しても、自分に対しても、物事に対しても
許容範囲が広くて、少々のことでは慌てず、騒がず、ど~んと
構えていられる人。ん~いつも余裕があるって感じでいたいと
思います。
人間関係でも、イベント事でも、うまくやろうとすると
(その思いが強い分だけ)周囲の人や自分に「こうあって欲しい」って
つい期待して、そうでないときについつい許せなくなってしまいがちです。

心も、時間も、洋服も、身の回り全部、ゆるゆる大好き。
ゆるい=大きい。だから、いつかはいつでもゆるい人で在りたいです。
[PR]
# by ecola | 2007-01-11 17:11 | つれづる | Comments(0)

新年、信念、新念

新しい年が明けました。
新年って自分はなにも変わってないけど、なんだか新たな気分に
(自動的に)なるから、いいもんです。
「今年はどんな年にしよう」とか「どんなこと始めよう」とか
いろいろと思いをはせるのは楽しいもので、なんでもできそうな
気がしてくる(…本当は毎日、新しい自分でいられて、なんだって
できるはずなのに)新年の力を拝借していろいろ決意してみる。

念って今の心って書きます。
今、この瞬間、出会う人・事・物・すべて大切に。
いつの瞬間も、胸をはって「これが私です」って言えるように
在りたいと思います。自分を信じて。

と思ったのは、寝正月のこたつの中でした。
このダラダラもたまらなく好きな時間です。
[PR]
# by ecola | 2007-01-03 13:44 | つれづる | Comments(0)

目指す人物像2

だいぶ前に見たテレビですが、ダライ・ラマがインタビューを受けてた
時のことですが・・・
ダライ・ラマは、自分が追放された地域の現在の様子を写真で見ながら
天真爛漫に笑って「ビューティフル」って言ってありました。
これにも衝撃!「なんてすごい人だ!」感動というより、そう衝撃でした。
この人はここで笑えるんだ。すごい、すごすきる!
この映像はきっと一生忘れないと思います。

さて、今年は、どんな私で在ろうかな。
どんな私が、どんな風に毎日を過ごしていくのか、楽しみです。
[PR]
# by ecola | 2006-12-30 21:35 | つれづる | Comments(0)

私の目指す人物像

ご縁があってえこるを買って頂いたおばぁちゃまで
入荷がかなり遅くなってしまい、お届けが遅れそうだとお電話した時の一言
「裸足というわけではないので、ゆっくりでいいですよ。」
・・・と笑って言われました。
この方は、ご旅行に行く時にぜひ履きたいと買って頂いたのに
それに間に合わなくて「どうしょう、なんといって謝ろう」と思いながら
お電話した時にそう言われたので、私にとって衝撃の一言でした。
おもわず「私も、○○さんみたいな人になりたいです。」って言いながら
後になっても、しみじみそう思いました。
人間ができてないと、あ~は言えないなぁっとかみしめつつ、
カリカリしても、ゆるりとしても、同じ時を過ごすんだから
自分にも他人にも、ゆるい人で在りたいと思うこの頃です。
[PR]
# by ecola | 2006-12-30 21:24 | つれづる | Comments(0)

幸せに生きるコツ

…という話を聞きました。
◎目の前のことに感謝すること
◎物事・人のプラスの面に焦点をあてること

あ〜そうよね。うんうん、わかるわかる。って思いつつ
自分を振り返ると「わかっちゃいるけど、ね〜」って感じです。
簡単にできそうでなかなかできなかったりするもんです。
特に毎日顔を合わせている身近な人に対して。
足りてるところより、足りないところばかりに目がいったり、
素直にありがとうって言えなかったり、するものです。
でも身近で大切な人達に、毎日感謝を伝えたり、その人の良いところを
素直に伝えたり、それができたら私も相手もきっとそれはそれは幸せです。

頭でわかってることは、行動してみてこそ経験できるもんだし、
どれだけいろいろ知っていても、やってないと知らないことと同じこと。
さて、まずは一番身近な家族に「いつもありがとう」って伝えることにします。
[PR]
# by ecola | 2006-12-10 17:37 | つれづる | Comments(0)

一期一会

昨日いろんな話しをしていて思い出したこと。
「一期一会」って、今日出会った人を、この出会いを大切にしよう
って意味で使われていますが、
本当は…「この人と会うのはこれが最後かもしれないから、大切にしよう」って
ことだそうです。新しい出会いではなく、毎日を一緒に過ごす人達に「これが最後」
って思って過ごすのだそうです。
はぁ〜、そうかぁ〜。そうしたらきっと人生変わるんだろうな…
毎日会う一番身近な人を大切に、もっとこうしておけばよかったと後悔しないように
大切に、そしてこれが最後ならどんなことでもOKって思えるかもしれません。
ただただ感謝して、景色だったとっても美しく、人の笑顔が心にしみるでしょう。
これってすごいことですね。
人に対してイライラしたり、カチンときたり、怒ったり、
そんな時は一期一会…今日が最後かもしれないと思うことにしたら
きっと人生変わりますね。
[PR]
# by ecola | 2006-12-05 14:22 | つれづる | Trackback | Comments(0)

宮島に行ってきました。

少し前になりますが、紅葉がとてもきれいな安芸の宮島にいってきました。
宮島といえば、厳島神社ですが、その先の山にある大聖院というお寺で、
火渡りというイベント(?)があってて、そこを拝見させて頂きました。
チベット僧さんから、外国人の観光客さんまでとても人が多く見守る中、
猛々しくて厳かな儀式でした。
ここは、空海さんが日本に帰ってきて最初に建てたお寺だそうで
チベット密教が色濃く伝わった感じのお寺でした。
(先日は、ダライ・ラマがきて説法をされたそうです。)
私もそこにいるだけで、なんとなく御利益があるような気がしてうれしかったです。
後で知ったのですが、このお寺にひとつだけ願い事をきいてくださる大仏様が
あったとのこと。
「しまった!そこには行っていない!
…まぁでもとっても素敵な所なので、またあらためで行くことにしよう。」と
思いなおしました。
願い事ひとつか…う〜ん、何にしよう。
「私の願い全て叶いますように…」って、これは反則?
う〜ん…今度行くまでに、じっくり考えておくことにします。
[PR]
# by ecola | 2006-12-02 19:31 | つれづる | Trackback | Comments(0)

えこるでまたまた素敵な人に出会いました。
ふる〜る・じゅ〜るさん。いつもかわいいお嬢ちゃまと来て頂く方で、
雰囲気も、一生懸命な感じも、とても素敵な方なのです。
その方が作ったお花の作品集を見せて頂きました。
特殊な加工をしたお花で、壁掛け額や、ボトルフラワーなどなど
ひとつひとつ手作りで、丁寧に作られた作品。
感動!もちろんそのお花もとっても素敵で感動なのですが、
それを作るふる〜るさんの人柄が、作品に出てて感動!なのです。
色といい、全体の形といい、それを頼んだ方にとってBESTなように
一生懸命作ったんだな・・・っていうのがとっても伝わる作品の数々でした。
優しい、強い、しなやか、まっすぐ、思いやり・・・そんな言葉を
連想しながら、素敵な方がつくるものは間違いなく素敵だなって
つくづく思いました。

ふる〜る・じゅ〜るさんの体験教室も開催されるそうです。
ご興味がある方は、ぜひ、お問い合わせ下さい。
えこる 0942-39-1889
[PR]
# by ecola | 2006-11-19 14:24 | つれづる | Trackback | Comments(0)

人の言葉

今日、お話してて自分=私のことについて
「あなたは今からすごくなるよ」って言われて、心からとっても嬉しかった。
(きっと、良い意味での“すごく”なんだと受け取ったけど、違ってたら
どうしよう・・・違ってもまぁいいか。)
でも・・・自分ではあんまり、いや全然わかんないもんです。
そう言ってもらえたことだけで、十分にいいことなのでこのことは
ここまでなのですが、人と話している時に、時々ハッとするようなヒントや
自分ではわからなかった答えのようなものを聞けたりしますよね。
それがこの頃とても楽しいんです。
会話って、その人を通してたくさんのメッセージを受け取れる
とても大切なものなんだな・・・と。
[PR]
# by ecola | 2006-11-11 20:50 | つれづる | Comments(0)

今日のナイスガイ

今日えこるのお店でお会いした方。
靴を取りに来て頂いたのですが・・・とてもお待たせしてしまいました。
その方もとても忙しそうで、携帯に何本もお電話がかかってきてたのに、
終止ニコニコと待って下さったのでした。
しかも!「大丈夫ですか?」とまで言っていただきました。
「あ〜私もこうなりたい。こうでなくちゃなぁ〜」と思いました。
私自身が、お店とかで待たされたり、思うような対応でないと
ついついイライラしてしまいがちなのですが、
それは私が“小さくて、甘えてる”からだってあらためて思いました。
本当に強くて大きいと、人をゆるす範囲がとても広くなって、
「こうなって当然」という甘えもなくなるんだと思います。
今日は、この方にお会いできて、本当によかった。
[PR]
# by ecola | 2006-11-10 20:46 | つれづる | Comments(0)