人気ブログランキング |

えこる久留米発「心照らす人:ココロテラピスト」blog

ecola.exblog.jp

えこらむ  Vol.181

「どんなこと(内容)を言うか」より「どんな人が言うか」


例えば、「幸せになる秘訣」を「幸せじゃなさそうな人」が言ってても。。。

「豊かになる極意」を「貧相な人」が教えてくれても。。。

・・・ね~(笑)



これは、いろんなセミナーや講座に参加してよく思うこと。

貴重なアドバイスになるか、単なる雑談になるか

...それを取り入れようと思うか、スルーするかは

「どんな人が言ってるか」によって全然違う。



どんだけ正論でも、どんなに教訓でも、説得力がね~。

「お前が言うな」ってなるよね~。(私は自分に自分でよくそう思う...笑)



逆を言えば、「幸せな人」が言ってることは、どんな内容でも幸せなのよ。

つまり「なにを話すかより、どう在るか」が最も伝わるし、重要ってことね。



心理学的にも「メラビアンの法則」ってありますね。

言語情報(7%):話の内容、言葉そのものの意味
聴覚情報(38%):声の質・速さ・大きさ・口調
視覚情報(55%):見た目・表情・しぐさ・視線



「在り方」は、これを超えて、話す以前のその人の雰囲気や空気感も加わり

テクニックではカバーできない(肌で感じる)ものだから、誤魔化しようがない。



結局は、なにごとも、すべて「在り方」に集約される...ってこと。

そして、「在り方」だから、自分以外の人にはどうにもできない...ってこと。

さらに、「在り方」は、今すぐ、自分で変えられる...ってこと。



だとしたら・・・?・・・ね~。。。




あなたは?

どんな人のどんな話を聞いてみたいですか?




きっと、それはあなたご自身の理想の在り方かもしれません。。。ね。






注)「理想の姿になるまでは発言するな」的なことではありません。
「理想の在り方には、今すぐなれる」・・・ってことです。





.
トラックバックURL : https://ecola.exblog.jp/tb/25701825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ecola | 2016-06-14 13:24 | えこらむ | Trackback | Comments(0)